昭和8年、横浜グランドホテルで洋食を学んだ近藤重晴は東京人形町に洋食屋芳味亭を開業いたしました。

洋食そのものが物珍しかった当時、数寄屋造りのお座敷でお箸で召し上がるスタイルが最先端の流行として御好評。粋でいなせな下町っこのさらには明治座の役者や俳優、花街の芸者等で賑わいを見せました。

ホテル仕込みの丁寧で確かな仕事から生み出される料理は何代にも渡って御愛好くださるお客様に支えられ、当代で5代目の老舗洋食店でございます。

昭和8年(1933年)日本橋人形町にて創業。
芳味亭の定番メニュー

ビーフスチュー

4日間かけて仕込んだデミグラスソース表面を焼いてから長時間煮込んだ牛バラ肉を合わせる。
ソースは弱火でコトコト煮込むことで肉と野菜の旨味がゆっくり抽出される。
とろとろの柔らかなバラ肉は絶品。

ビフテキ

創業当時からの御馳走として愛されてきたメニュー。
戦時中は「敵に勝つ」敵をテキとかけて「ビフテキ」を食したと言う。
やわらかく旨味が強い黒毛和牛メスのみ使用。